HOME > 企業情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 梛野 憲克

世界の情報化社会の進展は激しく、今や1人複数台の情報端末を保有するまでになろうとしています。そして、日常から外出先で携帯端末を持ち、どこでもいつでも、人と人、企業と人が会話でき、コミュニケーションツールの基盤としてIT技術は必須なものとなっています。
これまでの技術革新がさらに進めば、人と人、企業と人だけでなく、コンピュータと人がコミュニケーションを形成することができるようになります。いずれは仮想空間を共有しながら、人とコンピュータが互いに議論するようにもなるでしょう。IT技術は、コミュニケーションにより人の心を豊かにし、生活を豊かにするだけでなく、コンピュータ自体が知識と学習機能により進化し、さらにはコンピュータが人間を進化させる可能性を持っています。

コミュニケーションツールとしてIT技術を利用するには、必要な情報を必要なタイミングで扱う仕組みが必要になります。情報発信者はアピールしたい情報をできるだけ多く、できるだけインパクトを強く発信することに注力する傾向にありますが、例えば広告メールやバナー広告の除去ソフトを利用するなど、人はそれらの情報を排除するようになってしまいます。そのため、一方向の情報発信ではなくコミュニケーションを形成することは重要であり、コミュニケーションの中から、人が欲しい情報は何か、どのようなタイミングで情報を欲しているかを掴むことが必要です。
『人が望む情報を適切なタイミングで提供する』ことは、「広告」を「情報」に変化させ、人は「広告」の排除ではなく、積極的に「情報」を得ようとするようになり、双方向のコミュニケーションを促進する、一つの重要な要素となります。

当社は、人と人、企業と人のコミュニケーションをサポートするツールとして、サイト支援サービスやニュース配信サービス、自動音声応答サービス、情報ポータルサイト運営など、複数のチャネルを利用したSaaS/ASPサービスを提供しています。
これらのサービスを当社の基盤とし、ユーザとやり取りする情報から、『ユーザが望む情報』と『適切なタイミング』を把握し、複数のチャネルを通して「情報」として提供することで、コミュニケーションの促進を可能にします。そして、ユーザがどんなことに興味を持ち始めているか、どのような知識をすでに持っているかなどを浮かび上がらせて、さらに興味を引く可能性のある情報を提供し、それに対するユーザの反応から、実際に興味を持ったかどうかを判定することにより、新たな関心を得ることができるようになります。
このようなプロセスを学習・適用し、コミュニケーションが促進することにより、当社がそれをサポートするSaaS/ASPサービスをさらに拡充し、発展することにつながります。

当社は、企業理念の一つに「永続的に繁栄する」ことを掲げています。10年後、50年後、100年後の日本だけでなく世界の未来に貢献するため、人々の生活をIT技術によりさらに豊かにするため、成長し続ける仕組みの構築に力を入れています。
当社の事業資産を成長基盤として発展させるために、『人が望む情報を適切なタイミングで提供する』のと同じように、『必要とされるサービスを適切なタイミングで提供する』ことが重要と考えています。そのため、決まった形のサービスを一方的に売り込むのではなく、お客様とのコミュニケーションの中で、必要とされている機能やサービスが何かを把握するとともに、タイミングよく提供するための柔軟な開発体制構築に力を入れています。

そしてまた、当社の経営方針として、継続的な成長による企業価値の向上だけにとどまらず、株主価値および社員価値の向上を含めた、3つの価値向上に意識しながら当社グループ全体が成長することで、あらゆるステークホルダーに対して当社の最高の価値を提供する為に、日々目標に向かって邁進して参ります。

株式会社スカラ
代表取締役社長 梛野 憲克

企業情報

当社は、東京証券取引所
市場第一部に上場しております。
(証券コード:4845)