HOME > IR情報 > 経営方針 > ポリシー > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示の基準

当社は、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に準拠し情報を開示いたします。適時開示規則に該当しない場合でも、株主および投資家の皆様に必要と判断した情報を公開いたします。

情報開示の方法

金融商品取引法に則り、「有価証券報告書」、「四半期報告書」等を関東財務局および当社の上場している東京証券取引所に提出するとともに、適時開示規則に該当する情報は、「適時開示規則」に従い、東京証券取引所が提供する「適時開示情報閲覧サービス」にて情報を公開いたします。なお、「適時開示情報閲覧サービス」にて公開した情報は、当ホームページに速やかに掲載するよう努めます。

インサイダー取引防止策

当社は、社内規程で内部情報の管理及び役職員の自社株等の売買に関する行動基準を定めております。当該事項に関する研修や社内説明会等の機会において、その内容の周知徹底を図ることにより、役職員のインサイダー取引の未然防止に努めております。

業績予想および将来情報の取扱い

当社が開示する業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。