HOME > ニュース > 損害保険ジャパン日本興亜株式会社の企業向け安全運転支援サービスへビッグデータの処理・管理サービスを提供

2015年3月2日
株式会社フュージョンパートナー

損害保険ジャパン日本興亜株式会社の企業向け安全運転支援サービスへ
ビッグデータの処理・管理サービスを提供

当社株式会社フュージョンパートナー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:梛野憲克、以下「当社」)の100%連結子会社であるデジアナコミュニケーションズ株式会社(以下「デジアナコミュニケーションズ」)は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、社長:二宮 雅也、以下「損保ジャパン日本興亜」)が平成27年3月から全国で提供を開始する、企業向け安全運転支援サービス『スマイリングロード』へ、ビッグデータの処理・管理システムを開発し、その運用を含めたサービスの提供を開始しました。
デジアナコミュニケーションズは、IoT※1技術を活用してドライブレコーダーから収集した運転走行データの処理をはじめ、ドライバーや管理者のための運転診断データの提供や、運転評価システムに基づき高評価を得たドライバーへのポイント付与や懸賞応募など、ドライバーが安全運転に取り組むことができる数々の機能を、Webサイトやスマートフォンアプリを通じて提供し、継続的な安全運転の促進と事故予防に寄与するサービスに貢献いたします。

1.『スマイリングロード』の概要

企業の社有車向けに貸与した通信機能付きドライブレコーダーから走行データを収集し、ビッグデータ解析により安全運転支援を行います。主に「見える」「分かる」「ほめる」の3つの機能で、ドライバーおよび管理者へ安全運転診断や危険運転などの情報をスマートフォンやWebサイトでフィードバックし、ドライバーの安全運転意識向上や管理者の効率的な指導を支援する、損害保険業界初のサービスです。

【主な機能】

  • (1)「見える」
    安全運転診断
    運転終了後に加減速やハンドリング、エコなどの運転操作に対する安全運転診断を行い、ドライバーや管理者に通知します。
    危険挙動通知
    危険な運転操作を行った場所や画像をドライバーや管理者に通知します。
  • (2)「わかる」
    管理者用Webサイト
    各ドライバーの安全運転診断結果や職場全体の傾向、同業他社や参加企業全体との比較などができる管理者向けのWebサイトを提供します。
    安全運転ランキング
    安全運転診断の結果を、ランキング形式で表示します。
    レポート機能
    職場全体の安全運転診断結果や危険挙動の推移などのリスクコンサルティングレポートを出力します。
  • (3)「ほめる」
    優良ドライバーへの
    特典付与
    各ドライバーの安全運転診断点数に応じて、独自ポイントである「マイル」を付与し、貯めた「マイル」を使用して、毎月抽選で当たるプレゼントに応募できます。
    安全運転ランキング
    参加している全ドライバーのランキング上位者に、プチギフトを毎日(土日祝日除く)プレゼントします。
    社内目標設定機能
    管理者が職場・グループ内での安全運転診断の共通目標点数を設定できる機能を提供します。目標を達成すると、職場・グループのドライバー全員に「マイル」が付与されます。
  • (4)その他機能
    緊急通報
    ドライブレコーダーが事故(可能性を含む)の衝撃を検知した場合、自動で管理者に位置情報や前方画像をメール送信します。ドライバーの操作で通報することも可能です。
    ドライブレコーダー機能
    ドライブレコーダーが車両前方の映像を常時、専用SDカードに記録します。事故の際の状況確認などに活用できます。

損保ジャパン日本興亜の『スマイリングロード』サービス詳細については、以下のURLをご参照ください。

http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/news/2014/20150203_1.pdf

2.デジアナコミュニケーションズが提供するサービス範囲

デジアナコミュニケーションズが『スマイリングロード』に提供するサービス範囲は、以下の通りです。

(1)
ドライブレコーダーから送信される走行データ(GPS、加速度センサー、写真データ)の受信、保存、解析
(2)
「見える」機能として、安全運転診断結果や危険運転に関するデータを、メールやWebサイト、携帯アプリによりドライバーや管理者へ通知
(3)
「わかる」機能として、全体の傾向を把握できる管理者用Webサイトの提供およびランキングやレポートの表示
(4)
「ほめる」機能として、安全運転診断点数に応じた「マイル」の付与およびプレゼント応募機能とプレゼント発送
(5)
サービス申し込み用サイトの提供

ドライブレコーダーによって取得したGPS・加速度センサー・写真データは、3G通信回線を経由してデジアナコミュニケーションズのサーバにて受信し、蓄積した膨大な量の走行データ等をデジアナコミュニケーションズが開発したWebシステムにおいて管理・運用を行います。これらのデータは、損保ジャパン日本興亜の独自アルゴリズムにより分析され、運転診断情報としてドライバーおよび管理者へ提供されます。
さらに、運転診断情報に基づきドライバーへ付与されるポイントの管理システムや懸賞への応募サイトをはじめ、ドライバーごとの運転診断結果を集計し、レポートの閲覧ができる管理者サイトや、本サービスのプロモーションサイトや申込サイトの開発・運用を行っています。

デジアナコミュニケーションズは、インターネットだけでなく、電話やFAX、紙媒体を含むマルチチャネルにおいて、企業とお客様のコミュニケーションをサポートする様々なSaaS/ASP※2サービスを提供しています。
これまでの1,000社を超える大手企業との取引実績および様々なニーズに応える柔軟性を持ったサービス開発、信頼性の高い運用実績など、業界トップクラスの技術力を駆使し、損害保険業界初となる『スマイリングロード』サービスを全面的にサポート致します。

デジアナコミュニケーションズは今後も、クラウド(SaaS/ASP)サービスを基盤として、人と人、企業と人のコミュニケーションを促す新しいビジネス領域である、IoTやO2O※3を活用したサービス展開に注力し、新たな事業の創出を目指してまいります。

*1:
Internet of Thingsの略であり、様々なモノに通信機能を持たせ、インターネットに接続することで、遠隔からのセンサーデータの計測や機器の制御を行うこと。
*2:
Software as a Service/Application Service Providerの略であり、ソフトウェアや通信ネットワークなどを通じて提供し、利用者が必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにした提供形態のこと。
*3:
Online to Offlineの略であり、インターネット(オンライン)上での行動から、実店舗(オフライン)での購買行動を促す施策等のこと。

ニュース

当社は、東京証券取引所
市場第一部に上場しております。
(証券コード:4845)