SCALA

ESG

ESG

ESGの追求

スカラグループの企業理念・経営理念および持続可能な成長を実現するため、
また、持続可能な社会に貢献するため、ESGの取組みを重視しています。

E(環境)の取組み

スカラグループは、投資を通じて、環境保護や環境問題解決に貢献します。
環境保護や環境問題解決につながる事業に取り組む企業に積極的に投資を行っています。

スカラグループは、事業の省エネルギー化を推進しています。
直近では本社オフィスを移転に合わせ、デスクトップPC廃止など、省電力化を実行しました。

スカラグループは、環境負荷の低減に努めています。
直近では紙やプラスチックの代替素材(LIMEX)を名刺やクリアファイルに使用することを開始しました。

S(社会)の取組み

多種多様な人材が個性・能力を余すことなく発揮し、活躍できる職場づくりを進めて います。 経営トップ自身がイニシアティブをとって、ダイバーシティ推進の取組みを積極的に進めています。

参考:ダイバーシティ推進の取組み

スカラグループは、女性活躍の推進に力を入れています。
女性従業員や女性管理職について、長期的な達成目標を定め、その達成に向け、管理職に対する研修、女性職員向けキャリア相談・メンタリングを実施しています。

グローバル展開を進めるに伴い、スカラグループ社員の国籍は年々多様になっています。
国籍を問わずに社員が活躍できる職場づくりを進めているほか、外国籍職員向けのキャリア相談・メンタリングを実施しています。

スカラグループは、投資を通じて、障がい者支援に貢献します。
障がい者支援につながる事業に取り組む企業に積極的に投資を行っています。

参考:就労困難者特化型 HR システム「NEXT HERO」を開発・運営するVALT JAPAN 株式会社への出資

G(ガバナンス)の取組み

投資家の声や要請を受け取り、経営に生かすため、スカラグループは投資家との対話を重視しています。
経営トップみずから国内・海外の投資家との対話を積極的に行っています。

監督・執行の分離を明確化・促進し、社外取締役が過半数を占める構成をとることで、取締役会の監督・モニタリング機能を高めています。

経営陣のサクセッションプラン、実効的なコーポレートガバナンスを実現する取締役会の構成、報酬制度はじめ、監督上の重要事項等を扱う諮問機関として、人事報酬諮問委員会を設置しています。

コーポレートガバナンスの実効性を支えるため、関連するポリシーや規程類を整備しています。

詳細:“コーポレートガバナンスに関するポリシー・規程類”ページ(https://scalagrp/ir/corporategovernance/)